web制作というものの実際について考えてみるならば

web制作とはどのようなことをするものなのか?

web制作とは、要するにwebサイトを作る仕事です。といえば、ホームページ作りのことなのか、と思われる方もいるかもしれませんね。しかし、ホームページというのはあくまでもwebサイトの一部であって、そのwebページにアクセスした人が、ブラウザーの画面で見るページの部分のことを指します。ところが、そのホームページのバックグラウンドではプログラムが動いていたり、データベースがあったりするわけで、この全体を含めたものがwebページなのです。

ホームページ作りとweb制作との違いとは?

とはいうものの現実の問題としては、web制作とホームページ制作が同様の意味になっていたり、混同されていたり、といったこともあるわけなのです。しかし、ホームページ制作では主としてHTMLの作成であるのに対して、web制作にはHTMLによるホームページ作りのみではなく、ホームページのバックグラウンドで動いているサーバーに組み込むプログラムの作成、といったものも含まれることになります。つまり、web制作の場合には、HTMLの知識のみではなく、プログラミングスキルも要求されるもの、と考えておけばいいのではないでしょうか。

webサイトで動いているプログラムとは?

webサイトというものは、ユーザーとのインターフェースになる部分、つまりwebブラウザーの画面に表示されるホームページが窓口になっていて、その後ろにはwebサービスを提供するためのプログラムと、データを蓄積しているデータベースがある、といった構成になっているものです。特にネットショップ用のwebサイトともなれば、webサービスとなるのはネットショップを運営するための機能ということになるので、そのプログラムも本格的なものとなります。

ホームページなどweb制作する際には専門的な知識が必要になりますが、代行してくれる業者があるので会社の案内などを制作するのには重宝するはずです。