初心者が行なってしまいそうな!誤ったホームページの作り方とは?

トップ画像からコンテツの内容が把握できない画像

多くのホームページでは、ページの上部に横長の少し大きめな画像が扱われていますよね。この場所と言うのは、ページの頭とも呼べる場所であり、この画像がコンテツとマッチングされていなければ何を伝えたいページなのか把握しづらくなりますよ。例えば、美しい花、自然、高層ビルなどの画像が代表的であり、コンテツが直接その内容を扱う物であれば把握し易い内容ですが、ただ綺麗、カッコイイからだとマッチングしづらくなるため注意が必要と言えるでしょう。

情報に対する独自の考えを記載しない内容

インターネットを利用する場合は、独自の考えを記載をしてオリジナルを出していく事が重要と言われていますよ。例えば、今日の天気を調べる場合、天気が分かれば良いため一番初めに得る事が出来る情報を頼りにして、他のホームページの内容を調べる事をしませんよね。どこも同じ内容だと考えられるからですよ。検索エンジンの検索結果において一ページ目の一番上にある内容と二番目にある内容が同じであれば、二番目に表示される内容は意味の無いページとなる事があります。情報に対する内容が同じになる事は、仕方がない事もありますが、ユーザーの興味を抱かせるために自分なりの言葉を加えて、コンテツを豊かに魅力的に作成して行く事が重要ですよ。

タイトルに対する内容以上に他の内容が多くなっている

インターネット上のホームページの中には、ページのタイトルと無関係な内容がページのタイトルのコンテツ以上に設けられている事がありますよね。例えば、項目などに設けるリンクや、広告などの画像が挙げられます。相対的に他のコンテツが増えすぎてしまうと全体のコンテツの質を低下させてしまう可能性がありますよ。ページのタイトルに対するコンテツは、最も一番大きく扱われている内容が望ましく、本文の量も他のリンク文字数の総数よりも豊富に作り出して行く事が重要と言えるでしょう。

工夫されたホームページ制作には、人を巻き込ませられる魅力を与え、興味を持たせるようになり閲覧数やランキングが高いホームページとなります。