簡単?難しい?ネットワーク監視はこんな仕事

IT社会において欠かすことができない仕事

IT関係の仕事や趣味を持たない人でも、ネットワーク監視という言葉を聞いた事がある人は多いのではないでしょうか?インターネットやイントラネットといったコンピュータのネットワーク網が、社内や都市インフラに張り巡らされている現代において、ネットワーク監視の仕事は欠かせないものとなっているのですよ。もしネットワーク監視が機能しない事があれば、たちまちインターネットは繋がらなくなり、社内LANもトラブルが起きてもそのままといった事が起きてしまいます。

ネットワーク監視の業者内容とは?

では実際にネットワーク監視はどういった仕事を行うのでしょうか?大まかに言うと、コンピュータネットワークの障害や機能の低下が起きないか、常時監視を行い、万が一そういった自体が起きた場合は簡易な障害は自分で対応して、そうでない障害はシステム管理者やネットワーク管理者に連絡をする仕事となります。現代ではサーバへの侵入を試みる不正アクセスなども多く、これら不正な侵入者への監視やサーバ機器の状態を把握したり、トラフィック量を監視したりとネットワークに関する幅広い保守、管理に携わる仕事なんですよ。

実は稼ぎ易い?ネットワーク監視の気になる給与

ネットワーク監視の仕事を始める上で気になるのが給与ですよね。給与は正社員かアルバイトかによって変わってくる部分も多いですが、ネットワーク監視のみの仕事の場合は時給換算で大都市では1,500円を超える事が多く、他の仕事と比べると中々の高待遇となります。またこの仕事は24時間監視業務が必要となるため、夜勤があります。夜勤に加えて残業も必ず行う所も多いため、実は結構稼ぎ易い仕事として知られています。またネットワーク系のスキルを身につける事で、キャリアアップを目指せる仕事でもあるため、稼ぎつつよりキャリアを重ねたい人にもおすすめの仕事ですよ。

ネットワーク監視とはネットワークの性能低下や障害などがないか定期的に監視することまたはそのシステムをいう