出先でのPC作業も安心!ノート端末におけるプライバシーの守り方3選

お店なら席の選び方にも気を使う

飲食店や待合エリアにおけるノートパソコンやタブレットでの作業。忙しいビジネスマンを始めこれらのネットワークを利用した作業を公私に渡り行っている人にとって、中々落ち着いた場所をより好み出来ないものですよね。ただある程度席数が確保されている飲食店であれば、周囲から画面を見られ難い位置の席を選ぶという工夫も出来るでしょう。最もおすすめなのは部屋の四隅にある角の席。いわば最も部屋の奥まった所に位置している席であるため、周囲から画面への視線を全て遮る事が可能なのです。

モニター画面を脇から見られ難くする工夫を

またパソコンのモニター自体も周囲から見られない様な工夫が必要な場合もあります。その最も有効な手段となっているのがマジックスクリーン。これらのシートをモニター全面に貼り付ければ、正面から若干角度を付けただけで反射の関係により画面の確認が不可能になるのです。今なら家電量販店やパソコンショップでもアクセサリーコーナーで扱っているケースが多く、ニーズの高さもあって比較的簡単に購入する事が可能となっています。また身体からモニターまでの距離も結構重要で、あまり距離を開き過ぎると、自由に覗かれてしまう可能性が高くなってしまいます。

まずは混雑を避ける事が大事

こうした様々な工夫においても、店舗が混雑している時間帯は無駄に終わってしまう可能性が高くなるもの。十分対策を取ったつもりでも、座席の真後ろを時間を掛けて通り掛かる事によって簡単に見られてしまうリスクがありますよね。それは混雑時というゆったり移動しても違和感を持たれないという隙を突かれる事により起こるものですから、結局各飲食店が混雑し易い時間帯を避けるという基本的な行動が、最もプライバシー保護に効果的であるという結論に落ち着くでしょう。

秘密にしたい文章や明細書などを、処分したいのであれば、シュレッダーを使用すれば良いです。粉々にすることで、誰にも分からずに処理することができます。